外壁塗装はこんな現象があれば塗り替え時期かも。

■2018/05/02 外壁塗装はこんな現象があれば塗り替え時期かも。
新築時にはピカピカの一戸建ても、時間の経過とともに外壁が汚れてきます。
一戸建ての外壁塗装はどのようなタイミングで行うべきなのでしょうか。

◆住宅を塗装する理由とメリット
・見た目を刷新できる
住宅の汚れを落とし、新しく塗り替えることで見た目を刷新できます。
外壁に好みの色を選んで住宅全体の雰囲気を変えることも可能です。

・住宅の寿命を延ばす
塗料には紫外線や雨などから外壁材を保護する役割もあります。また、塗替えと同時に外壁の傷みを補修するため、外壁の劣化を遅らせて住宅の寿命を延ばすことが可能です。塗装の前に外壁全体を点検することで、屋根など普段目が届きにくい場所の劣化を発見するきっかけになることもあります。
 →詳しくはこちら

◆塗装しなかった場合はどうなるの?
・コーキング、シーリングの劣化
一般的な一戸建ての多くには“サイディング”というパネル状の外壁材が使用されており、サイディングボードのつなぎ目には“コーキング(シーリング)材“が充填されています。このつなぎ目が経年劣化によって剥がれたりひび割れたりすると、雨が入りこみ住宅の傷みにつながります。

・外壁材そのものにダメージを与える
塗料の劣化によって外壁材の保護機能が低下した部分には雨が染み込みやすくなり、建材のカビや腐食に繋がることがあります。また、寒冷地では、内部に入り込んだ水分が凍ったり溶けたりを繰り返すことで建材の劣化が進む“凍害”が起きやすいため、注意が必要です。

◆塗料の種類と塗替え時期の目安
・ウレタン系塗料(耐用年数:約8~10年)
・シリコン系塗料(耐用年数:約10年)
・フッ素系塗料(耐用年数:約12~15年)
・光触媒塗料(耐用年数:約20年)

 外壁の傷みの進み方は、住宅の環境によって異なるため、製品ごとの耐用年数はあくまでも目安と考えましょう。
 →詳しくはこちら

◆こんな現象があれば塗り替え時期かも
外壁に下記の現象が見られるようになったら、塗装会社に点検を依頼するのがおすすめです。

・チョーキング現象(壁を指でこすると白い粉がつく)がある
 ・塗装面のひび割れ・はがれが見られる
 ・外壁の汚れが目立つようになった
 ・コーキング部分が劣化(はがれ・ひび割れ)している
  →詳しくはこちら

◆外壁塗装の手順と期間
塗装に掛かる期間は、気候によっても異なりますが2~3週間ほどが目安です。
  →詳しくはこちら

◆長期的なメンテンス計画を
一戸建てに長く快適に住むためには、定期的なメンテナンスが大切です。一戸建ての場合は、自分でお金を貯めておく必要があります。大まかなメンテナンス計画を立てて、外壁塗装の費用を確保しておくのがおすすめです。

家CoCoの塗装についてさらに詳しく

  1. 家CoCoの塗装家CoCoの塗装
  2. 塗装施工事例塗装施工事例
  3. 塗装職人の紹介塗装職人の紹介
  4. 塗装工事の流れ塗装工事の流れ
  • お電話で(携帯電話からでもOK!) 通話料無料 0120-888-139 営業時間:8:30~18:00 【水曜日定休/土・日・祝日も営業中!】
  • Webからお申込み・お問い合わせ
プライバシーポリシー トップへ